まずは独学で宅建に挑戦|ポイントを押さえて正しく学ぼう

子供好きに向いてる職業

保育士

保育士の資格を得るには、養成学校を卒業する方法と試験を合格する方法があります。養成校では幼稚園教諭の免許も取得でき、試験を受ける方法では仕事や育児をしながら取得できることがメリットです。保育士の活躍する場は保育園以外にも様々あり、全てにおいて保育士は重宝されています。

Read More...

癒しの仕事につくには

アロマセラピー

アロマセラピストとは分かりやすく言うと精油を使ってマッサージをする職業です。アロマセラピストは美容サロンに勤務したり、講師として働いたり、経験を積んで独立して働くなどの働き方があります。ほとんどの人は資格を取って就職するのが一般的です。資格所得のためにスクールの通学、通信講座を受講する人が多いです。

Read More...

社会人の勉強方法

メンズ

国家資格である宅建。試験は全問択一式の問題で、50問中約7割の正解で合格できます。多くの資格スクールでこの宅建の試験に対応した通信講座が開講されています。自分の都合のいい環境で学習できますが、その分自分でしっかりとした計画を立て、実行することが必要となります。

Read More...

不動産や金融業界で人気

男性女性

初学者にも人気です

宅地建物取引士は従来は宅地建物取引主任者と呼ばれていましたが、2015年4月より宅地建物取引士と改称されました。略して「宅建」や「宅建士」などと呼ばれており、主に不動産業界や金融業界を目指す学生や転職を志す人などに人気のある資格です。受験資格は特になく誰でも受験できますが、初学者にとっては難しそうなイメージもあり、また年度によって合格率にばらつきがあります。更に、宅地建物取引業の従事者は講習を受講して修了することで一部の問題が免除になるので安易に難易度を示しにくい資格でもありますが、初学者が独学で合格する人も少なくありません。試験対策のテキストや問題集なども多数販売されていますし、通信講座や試験対策講座なども多く開かれており、独学で合格を目指す環境は整っているといえるでしょう。

ポイントを押さえた学習を

初学者が宅建に独学で合格するためには大きく三つのポイントがあります。一つ目のポイントは、まずは宅建のことをよく知ることです。これは書籍などのほか、まずはインターネットの情報などを参考にすることができます。宅建士がどのような業務を行うのかについてイメージがついていないと独学の学習を進めることは非常に困難になります。二つ目のポイントは教材との相性です。人によって「わかりやすい教材」「わかりにくい教材」の印象は大きく変わるため、書店などで現物を見るなどして自分が分かりやすいと感じた教材を選ぶことが大事です。三つ目のポイントは教材を読んで理解することと問題を解くことの繰り返しを行うことです。特に、問題を解いて間違った場合はなぜ間違っていたのかという解釈が必要となります。その解釈を丁寧に行うことを繰り返していくと、問題の傾向も少しずつ理解していくことが期待されます。決して簡単な試験ではありませんが、宅建に興味のある人は独学でも地道に勉強を重ねて合格する可能性は十分にあります。